アニメ動画で学ぶビジネス英会話 ~ 12. 新製品の販売戦略

6.ビジネス英会話

今回はビジネスの現場から、これから新製品をどうやって売り込んでいこうか話しているシーンです。
当事者になった気持ちで、声に出して練習してみましょう!

会話

A: Good morning, Ted. Thank you for joining this meeting today. I’d like to talk to you about our new product launch strategy.
(おはようございます、テッド。今日は参加してくれてありがとうございます。新製品のローンチ戦略について話したいと思います。)

「product launch」とは新製品を立ち上げる、売り出すというような意味です。
「launch」は動詞でも使われます。
典型例を一つ。「The rocket was launched today.」(そのロケットは今日打ち上げられました。」

B: Good morning! I’m excited to hear about the new product launch strategy.
(おはようございます!新製品のローンチ戦略について聞くのが楽しみです。)

A: Great! Let’s start by discussing the target market for our new product. We have conducted thorough market research and identified our key demographic.
(素晴らしい!まずは新製品のターゲット市場について話しましょう。徹底的な市場調査を実施し、主要なターゲット顧客の属性を特定しました。)

B: That sounds like a solid approach. Could you provide some insights into the target audience’s preferences and needs?
(それは確かなアプローチのようですね。ターゲットオーディエンスの好みやニーズについて、いくつかの考察を教えていただけますか?)

A: Certainly. Our research indicates that our target audience values convenience and sustainability. They are looking for a product that is user-friendly and eco-friendly.
(もちろんです。私どもの調査結果は、ターゲットオーディエンスが利便性とサステイナビリティ(持続可能性)を重視していることを示しています。ユーザーにとって使いやすく、かつ、環境にやさしい製品を求めています。)

sustainable は「持続可能な」と訳されるのが一般的です。

なお、SDGs という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、これは、Sustainable Development Goals の略で、「持続可能な開発目標」と訳されています。

B: That’s valuable information. How do we plan to position our product in the market to align with these preferences?
(それは貴重な情報ですね。これらの好みに合わせて、製品を市場でどのように位置付ける予定ですか?)

A: We aim to position our product as a cutting-edge solution that combines convenience and sustainability. We will emphasize its user-friendly features and highlight its eco-friendly manufacturing process.
(私たちは、利便性と持続可能性を組み合わせた最先端のソリューションとして製品を位置付けることを目指しています。ユーザーフレンドリーな機能を強調し、エコフレンドリーな製造プロセスをアピールします。)

「cutting-edge」は「最先端の」という意味です。逆に、「時代遅れの」という意味では、「out-of-date」などが使われます。

B: Excellent. What are our marketing and communication strategies to reach our target audience effectively?
(素晴らしいですね。ターゲットオーディエンスに効果的にアプローチするためのマーケティングとコミュニケーション戦略はどのようになっていますか?)

A: We plan to leverage digital marketing channels and social media platforms to create awareness and engage with our target audience. Additionally, we will collaborate with influencers and industry experts to promote our product through content marketing.
(デジタルマーケティングチャネルやソーシャルメディアプラットフォームを活用して、認知度を高め、ターゲットオーディエンスとの関係を築く予定です。さらに、インフルエンサーや業界の専門家と連携し、コンテンツマーケティングを通じて製品をプロモーションします。)

B: That sounds like a comprehensive strategy. I believe it will resonate well with our target audience.
(それは包括的な戦略のようですね。ターゲットオーディエンスに良い反響を得ると思います。)

「comprehensive」は、「包括的な、全体をカバーする」という意味で、ビジネスの現場でもよく使われます。

A: Thank you for your input. With this strategy in place, I’m confident that our new product launch will be a success.
(ご意見いただきありがとうございます。この戦略を持って、新製品のローンチは成功すると確信しています。)

「With xxx in place,」は、xxxが一緒にある状態を指しています。「in place」がなくても同じ意味ですが、「in place」と加えることにより、いっそう明確に伝えることになります。

B: I share your confidence. Let’s work together to make it happen!
(私も自信を持っています。一緒に頑張りましょう!)

関連する用語

  1. Sales strategy – 販売戦略
  2. Target market – ターゲット市場
  3. Value proposition – 付加価値提案
  4. Competitive advantage – 競争優位性
  5. Market segmentation – 市場セグメンテーション
  6. Customer profiling – 顧客プロファイリング
  7. Pricing strategy – 価格戦略
  8. Sales forecasting – 販売予測
  9. Customer acquisition – 顧客獲得
  10. Conversion rate – コンバージョン率
  11. Upselling – アップセル
  12. Cross-selling – クロスセル
  13. Sales pipeline – 販売パイプライン
  14. Key performance indicators (KPIs) – 主要業績評価指標
  15. Sales target – 販売目標
  16. Sales promotion – 販売促進
  17. Channel strategy – 販売チャネル戦略
  18. Distribution network – 流通網
  19. Brand positioning – ブランドの位置づけ
  20. Customer retention – 顧客維持
  21. Sales training – 販売トレーニング
  22. Sales performance – 販売パフォーマンス
  23. Market share – 市場シェア
  24. Customer loyalty – 顧客ロイヤルティ
  25. Sales analytics – 販売分析
  26. Sales incentive – 販売インセンティブ

次は、「同僚とのカジュアルな会話」がテーマです。

タイトルとURLをコピーしました