英語で学ぶ ~ 移転価格税制の基礎 – Transfer Pricing Taxation

3.英語で学ぶ

国際税務の分野から移転価格税制の基礎についてのお話です。

リスニングもご利用ください!

Basic Knowledge of Transfer Pricing Taxation

Transfer pricing refers to the pricing of goods, services, or intangible assets transferred within a multinational corporation, particularly across different subsidiaries or entities in different countries. The main purpose of transfer pricing is to determine the fair and appropriate prices for these transactions, as they can significantly impact the taxable income of each entity involved. It is a critical aspect of international taxation, as tax authorities aim to prevent companies from manipulating transfer prices to shift profits to low-tax jurisdictions.

移転価格課税の基本

移転価格は、特に異なる国の子会社やエンティティ間で行われる商品、サービス、または無形資産の移転に関する価格設定を指します。移転価格の主な目的は、これらの取引が各エンティティの課税所得に与える影響が大きいため、これらの取引に適切で公正な価格を決定することです。これは国際課税の重要な側面であり、企業が利益を低課税地域に移動させないように税務当局が監視しています。


Arm’s Length Principle

Transfer pricing is based on the arm’s length principle, suggesting that the prices charged for intra-group transactions should be comparable to those that would be charged between unrelated parties under similar circumstances. In essence, the transactions should be conducted as if the entities were independent, ensuring that profits are appropriately allocated among the related parties.

アームス・レングス(独立企業間価格)の原則

移転価格税制は、アームス・レングスの原則に基づいており、関連する当事者間で行われる取引の価格は、同様の状況で(腕の長さぐらい一定の距離を保った)無関係の当事者間で行われるであろう価格に比較可能であるべきことを示唆しています。基本的に、取引は独立したものとして行われ、関連する当事者間で利益が適切に配分されるようになっています。


Methods for Determining Arm’s Length Prices

Various methods, such as the Comparable Uncontrolled Price (CUP) method, Cost Plus method, Resale Price method, Transactional Net Margin method (TNMM), and Profit Split method, are used to establish arm’s length prices. The selection of the most appropriate method depends on the nature of the transaction and the availability of comparable data.

アームス・レングスの原則に基づく価格設定方法

腕の長さの価格を確立するためには、比較可能な無関係価格法(CUP法)、原価プラス法、再販価格法、取引純利益法、利益分割法など、さまざまな方法が利用されます。最適な方法の選択は取引の性質と比較可能なデータの有無に依存します。


Documentation Requirements

Many tax authorities require multinational enterprises to maintain detailed documentation supporting their transfer pricing policies. This documentation typically includes information about the entities involved, the nature of the transactions, and the application of the selected pricing method.

文書化の要求

多くの税務当局は、多国籍企業がその移転価格ポリシーをサポートする詳細な文書を維持することを要求しています。この文書には通常、関与するエンティティに関する情報、取引の性質、選択された価格設定方法の適用に関する情報が含まれます。


Advance Pricing Agreements

Advance Pricing Agreements (APAs) are agreements between taxpayers and tax authorities that establish the transfer pricing method to be applied to specific transactions in advance. This provides certainty for both parties and helps avoid disputes.

事前価格協定

事前価格協定すなわちAPAは、納税者と税務当局との間で、特定の取引に適用される移転価格方法を事前に確立する協定です。これにより、双方にとって確実性が提供され、紛争を回避するのに役立ちます。


Base Erosion and Profit Shifting (BEPS)

In the context of Base Erosion and Profit Shifting (BEPS), tax planning strategies used by multinational enterprises to shift profits to low or no-tax locations are addressed. The Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD) has developed a comprehensive action plan to counter BEPS, including measures related to transfer pricing.

ベース侵食と利益の移転(BEPS)

BEPSとの関係では、多国籍企業が利益を低課税または非課税地域に移動させるために使用する税務計画戦略に焦点があてられています。経済協力開発機構(OECD)は、BEPSに対抗する包括的な行動計画を策定しており、その中には移転価格に関連する対策も含まれています。

タイトルとURLをコピーしました