アニメ動画で学ぶビジネス英会話 ~ 9. プレゼンテーションの準備 (2)

6.ビジネス英会話

今回は、「2.プレゼンテーションの準備」に続いて、
プレゼンテーションの準備の第2弾です。
前回のものを見ていない方は、そちも参照ください。
プレゼンテーションで使われる決まり文句もリストされています!

プレゼンテーションの準備についての会話を通して、
同じような言い回しや表現が見つかると思います。
英語は慣れですので、何度も繰り返し、声に出して練習してください。
いつのまにか、自然に同じ表現ができるようになることでしょう。

会話

A: Hi, I have an important presentation coming up, and I want to make sure it goes smoothly. Can you give me some tips on how to prepare and deliver an effective presentation?
「こんにちは、近々重要なプレゼンテーションが控えています。スムーズに進行するようにするための効果的なプレゼンテーションの準備とデリバリーについて、アドバイスをいただけますか?

B: Absolutely. Firstly, start by clearly defining the objective and key message of your presentation. Organize your content in a logical and structured manner, using headings, subheadings, and bullet points to make it easy to follow.
「もちろんです。まず最初に、プレゼンテーションの目的とキーメッセージを明確に定義してください。見やすくするために、見出し、副見出し、箇条書きを使用してコンテンツを論理的かつ構造化された形で整理してください。」

プレゼンや会議は、明確な目的をもってのぞみましょう。

定型のスライドでは、今回何を伝えるべきか、省略できるかを考えましょう。

今回準備したスライドでは、何を伝えたいのかメッセージを明確にしておきましょう。

A: How can I engage the audience during the presentation and keep their attention throughout?
「プレゼンテーション中にオーディエンスの関心を引きつけ、その注意を集中させるにはどうすればいいですか?」

B: One effective way is to incorporate visual aids such as slides, charts, and graphics. Use storytelling techniques to make your presentation more engaging, and encourage audience participation through questions or interactive elements. Maintain a confident and energetic delivery style to keep the audience interested.
「スライド、グラフ、図などの視覚的な手段を取り入れることが効果的です。ストーリーテリングの技法を使用して、プレゼンテーションをより魅力的にし、質問や対話的な要素を通じてオーディエンスの参加を促しましょう。自信に満ちたエネルギッシュなスタイルでプレゼンテーションを行い、オーディエンスの興味を引き続けるようにしましょう。」

「make your presentation more engaging」や「keep the audience interested」にあるように、「make/keep + 名詞 + 状態を表す表現」で、「xxxxを~の状態にする」という意味を表す方法がよく使われます。

A: Should I rehearse my presentation beforehand? How can I ensure that I deliver it smoothly and confidently?
「プレゼンテーションの事前練習をすべきですか?どうすればスムーズで自信を持ってデリバリーできるようになりますか?」

B: Absolutely, rehearsal is key to delivering a smooth and confident presentation. Practice your presentation multiple times, focusing on your delivery, timing, and body language. Familiarize yourself with the content so that you can speak naturally and engage with the audience. Consider recording yourself or conducting a mock presentation to identify areas for improvement.
「もちろんです。事前練習は、スムーズで自信を持ってプレゼンテーションを行うための鍵です。何度もプレゼンテーションの練習をし、デリバリー、タイミング、ボディランゲージに焦点を当ててください。コンテンツに精通し、自然に話し、オーディエンスとの関わりを持てるようにしてください。自分自身を録画したり、模擬プレゼンテーションを行うことで改善すべき点を見つけることも検討してください。」

A: Thank you for the advice. I will make sure to apply these tips and practice my presentation thoroughly.
アドバイスありがとうございます。これらのヒントを実践し、プレゼンテーションの徹底的な練習を行うようにします。」

B: You’re welcome. If you have any more questions or need further guidance, feel free to ask. Good luck with your presentation!
「どういたしまして。もし他に質問があったり、さらなるご指導が必要な場合は、遠慮なくお尋ねください。プレゼンテーション頑張ってください!」

次は、「効果的なビジネスミーティングの進行」についての会話です。

タイトルとURLをコピーしました