英文法のまとめ ~ 20. Phrasal Verbs (句動詞)

7.英文法

句動詞とは?

英語を学ぶ際に避けて通ることのできないのが「句動詞(Phrasal Verbs)」です。
句動詞は、動詞と一緒に前置詞や副詞が組み合わさってできる言葉で、その意味や使い方は単純な動詞とは異なります。
日常の会話や文章でよく使用される句動詞は数多くあり、それぞれの句動詞が持つ独自の意味やニュアンスを理解することは、自然な英語表現を習得する上で欠かせません。

句動詞についての基本的な知識から、実際の例文や使い方をマスターし、英語表現を豊かにする方法について一緒に学んでいきましょう。

句動詞の分類

句動詞は、分離型と不分離型の2つに分けられます。

分離型句動詞(Separable Phrasal Verbs)

分離型句動詞は、動詞と前置詞(または副詞)の組み合わせからなり、必要に応じてそれらを分けて使用できます。
分離型句動詞の最も特徴的な点は、目的語を動詞と前置詞(または副詞)の間に挿入できることです。

もっとも、分離型に区分される句動詞であっても、文の内容しだいで、分離しないで使われるのが一般的で、分離すると不自然な表現になってしまう場合もあります。

例文:

  • I put on my shoes.(私は靴を履きました。)
  • I put my shoes on.(私は靴を履きました。)
  • I put them on.(私はそれら(靴)を履きました。)

上記の例文では、”put on” は分離型句動詞であり、動詞 “put” と前置詞 “on” から成り立っています。また、目的語 “my shoes” を動詞と前置詞の間に挿入しても意味が通じます。
目的語が代名詞の場合は、動詞と前置詞の間に挿入します。

不分離型句動詞(Inseparable Phrasal Verbs)

不分離型句動詞は、動詞と前置詞(または副詞)の組み合わせからなるもので、これらを一緒に使うことが必須です。
目的語を動詞と前置詞(または副詞)の間に挿入することはできません。

例文:

  • She took care of her sick mother.(彼女は病気の母の世話をしました。)
  • They look forward to the weekend.(彼らは週末を楽しみにしています。)

上記の例文では、”took care of” と “look forward to” は不分離型句動詞です。
動詞と前置詞(または副詞)が一緒に使われ、目的語を間に挿入することはできません。

句動詞の意味の変化

句動詞は、動詞の意味を大きく変えることがあります。例えば、動詞 “break” 「壊す、割る」は “break up” と up と組み合わせることで「(関係などが)終わる」の意味に変わります。

句動詞の意味の変化に注意を払いながら、より自然な表現を身につけていきましょう。

分離型句動詞(Separable Phrasal Verbs)

  1. Call off – 中止する、取り消す
    The soccer match was called off due to heavy rain.(サッカーの試合は激しい雨のため中止されました。)
    They had to call the picnic off due to the bad weather. (悪天候のため、彼らはピクニックを中止しなければなりませんでした。)
  2. Put away – 片づける、物をしまう
    After dinner, I put away the dishes.(夕食後、私は食器を片づけました。)
    I told him to put the books away.(彼に本を片づけるように言った。)
  3. Turn on – つける
    He turned on the lights as soon as he entered the room.(彼は部屋に入るとすぐにライトをつけました。)
    Please turn the lights on when you enter.(入る時にライトをつけてください。)
  4. Set up – 設置する、設定する
    They set up a new business in the downtown area.(彼らは市内中心部に新しいビジネスを立ち上げました。)
    They set the computer up in the office.(彼らはオフィスにコンピュータを設置しました。)
  5. Break up – 別れる、解散する
    They decided to break up after years of dating.(何年もの交際の後、彼らは別れることにしました。)
    They had to break the meeting up due to technical difficulties.(技術的な問題があったため、会議を中断せざるを得ませんでした。)
  6. Pick up – 取りに行く、拾う
    I’ll pick up some groceries on my way home.(帰り道で食料品をピックアップしましょう。)
    I’ll pick the kids up from school later.(後で子供たちを学校から迎えに行きます。)
  7. Drop off – 降ろす、置いて行く
    Can you drop off this package at the post office?(この荷物を郵便局に持っていってもらえますか?)
    Can you drop the package off at the post office?(この荷物を郵便局に持っていってもらえますか?)
  8. Give back – 戻る、返す
    Don’t forget to give back the book you borrowed.(借りた本を返すのを忘れずに。)
    They should give the goods back to us as they have not paid yet.(彼らは、まだ支払いをしていないので、その商品を私たちに返す必要があります。)

不分離型句動詞(Inseparable Phrasal Verbs)

  1. Look after – She looks after her younger siblings.(彼女は弟妹の世話をしています。)
  2. Run out of – We ran out of milk, so we need to buy some.(牛乳がなくなってしまったので、買わなければなりません。)
  3. Check in – You need to check in at the hotel by 3 PM.(3時までにホテルにチェックインする必要があります。)
  4. Stand upStand up and introduce yourself.(立って、自己紹介してください。)
  5. Go ahead – You can go ahead and start the meeting.(先に進んで会議を始めても構いません。)
  6. Get along – Despite their differences, they get along well.(彼らは違いがあるにもかかわらず、仲良くやっています。)
  7. Take care of – I’ll take care of the paperwork.(私が書類の世話をします。)
  8. Find out – You need to find out the departure time of the next train.(次の電車が出発する時刻を調べなければなりません。)
  9. Look up to – She looks up to her older sister as a role model.(彼女は姉を尊敬してお手本にしています。)
  10. Show up – He didn’t show up at the party last night.(昨夜のパーティーに彼は現れませんでした。)

参考:Getを使った句動詞

Get を使った句動詞だけでもたくさんありますね。

例文で感覚をつかんでおきましょう。

分離型句動詞:

  1. Get across – I need to get across the bridge to reach the other side.(もう片側に行くために、その橋を渡る必要があります。)
    He struggled to get his point across during the presentation.(プレゼン中、彼は自分の意図をうまく伝えるのに苦労しました。)
  2. Get back – I need to get back the book I lent you last week.(先週貸した本を取り戻さなければなりません。)

不分離型句動詞:

  1. Get on – It’s time to get on the bus.(バスに乗る時間です。)
  2. Get over – It took her some time to get over the loss of her pet.(ペットの死を乗り越えるのに彼女は時間がかかりました。)
  3. Get through – I’m finding it difficult to get through this challenging book.(この難しい本を読み通すのが難しいです。)
  4. Get along – Despite their differences, they manage to get along well.(違いがあるにもかかわらず、彼らは仲良くやっています。)
  5. Get by – With a part-time job, he’s managing to get by in college.(アルバイトで、彼は大学で何とかやりくりしています。)
  6. Get up – I have to get up early for a meeting tomorrow.(明日の会議のために早く起きなければなりません。)
  7. Get in – Please hurry up and get in the car.(急いで車に乗ってください。)
  8. Get out of – The firefighters helped people get out of the burning building.(消防士たちは人々が燃える建物から外に出るのを助けました。)
  9. Get off – We need to get off the train at the next station.(次の駅で電車を降りる必要があります。)
  10. Get on with – He can’t seem to get on with his new colleague.(新しい同僚とうまくやることができないようです。
タイトルとURLをコピーしました