英文法の学び直し ~ 12. Passive Voice (受動態)

7.英文法

受動態とは

受動態は、主語が動詞の受け手となり、
行為や作用が主語によって受けられることを表現する文法構造です。


受動態は以下のような場合に使用されます:

  1. 行為の受け手が重要で、受け手を強調したい場合。
  2. 行為の実施者が明らかではない場合や無関係な場合。
  3. 一般的な文体や公式な文書で使用される場合。

受動態の形成には「be動詞 + 過去分詞」の形が使われます。
また、時制や助動詞の変化に注意する必要があります。

例文

  1. The book was written by John. (その本はジョンによって書かれました。)
  2. The house is being renovated. (その家は改装中です。)
  3. The cake has been eaten. (そのケーキは食べられました。)
  4. The meeting will be held next week. (その会議は来週開催されます。)
  5. The car was repaired by a mechanic. (その車はメカニックに修理されました。)
  6. The movie was watched by millions of people. (その映画は何百万人もの人々に見られました。)
  7. The report should be submitted by Friday. (そのレポートは金曜日までに提出されるべきです。)
  8. The museum is visited by tourists from around the world. (その博物館は世界中からの観光客に訪れられます。)
  9. The concert had been canceled due to bad weather. (そのコンサートは悪天候のため中止されていました。)
  10. The project will be completed by the end of the year. (そのプロジェクトは年末までに完成されます。)

タイトルとURLをコピーしました