英文法の復習 ~ 16. Articles (冠詞)

7.英文法

今回は、冠詞について、まとめてみました。

とてもわかりづらい分野ですよね。

話すときは気にせず、どんどん話せばいいのですが、やはり基本的な知識として身に着けておきましょう。

冠詞(Articles)は、英語において名詞の前に置かれる単語で、名詞を具体化または限定する役割を果たします。
英語には3つの種類の冠詞があります。
不定冠詞(a / an)、定冠詞(the)、無冠詞(zero article)です。

不定冠詞 “a” と “an” は未知のものを指すのに使われ、定冠詞 “the” は特定のものを指すのに使われます。無冠詞は一般的な概念や抽象的なものを指す場合に使用されます。

不定冠詞(a / an)(Indefinite Articles)

“a” または “an” として現れます。
不定冠詞に続く名詞の最初の発音が母音すなわち(a、i、u、e、o)のときに”an”が使われます。

未知の、具体的ではないものを指す場合に使用されます。

数えられる名詞(可算名詞、countable nouns)に使用されます。

  1. I saw a bird flying in the sky. (私は空を飛ぶ鳥を見ました。)
  2. She bought a new dress for the party. (彼女はパーティーのために新しいドレスを買いました。)

a university (大学)、a European country (ヨーロッパの国)、a useful tool (便利な道具)、a unique idea、a unanimous decision(全会一致の決定)

  1. She’s learning to play an instrument. (彼女は楽器を弾くことを学んでいます。)
  2. I had an amazing time at the concert last night. (昨夜のコンサートは素晴らしい時間でした。)

an hour (1時間)、an honest person (正直な人)、an FBI agent (FBIの捜査官)、an x-ray (X線)、an FAQ section(よくある質問セクション)

定冠詞(the)(Definite Article)

“the” として現れます。

特定の、既知のものを指す場合に使用されます。すなわち、話し手と聞き手の双方が、それが具体的に何を指しているのか認識している場合です。

  1. The cat that I saw yesterday is now in my garden. (昨日見た猫は今、私の庭にいます。)
  2. I love the sound of waves crashing on the shore. (波が岸に打ち寄せる音が大好きです。)

無冠詞(zero article)

冠詞を使用しない場合です。

一般的、抽象的、一般的な事実を指す場合場合に使われます。

  1. Cats are known for their independence. (猫は自立心が強いことで知られています。)
  2. He enjoys reading books. (彼は本を読むことを楽しんでいます。)
  3. Love is a powerful emotion. (愛は強力な感情です。)
  4. We need to have patience in challenging times. (難しい時には忍耐力を持つ必要があります。)
  5. I visited Paris last summer. (私は去年の夏にパリを訪れました。)
  6. Mount Everest is the highest peak in the world. (エベレスト山は世界で最も高い山です。)
  7. I need to buy some bread.
  8. She has a lot of knowledge about art.
タイトルとURLをコピーしました