英語の格言から学ぶ – 親しみは軽蔑を生む – “Familiarity breeds contempt.”

8.英語のことわざ・教訓

どんな人間でも完璧な人はいません。

すべてを知れば悪いところや
好きでないところにも気づくでしょう。
良いところに目を向けましょう。

Today’s Proverb (今日のことわざ)

“Familiarity breeds contempt.”

“親しみは軽蔑を生む。”

Origin or Interpretation(起源ないし解釈)

This proverb suggests that the more familiar or intimate people become with someone or something, the more likely they are to notice flaws or shortcomings and develop a sense of disdain or disrespect. It warns against becoming too comfortable or complacent in relationships or situations.

“このことわざは、人々が誰かや何かとより親しくなればなるほど、欠点や短所に気付き、軽蔑感や尊敬を失う可能性が高くなると示唆しています。関係や状況であまりにも快適になりすぎることを警告しています。”

Example 1(例示1)

After working closely with her boss for years, she began to resent his micromanaging tendencies. It was a classic case of “familiarity breeds contempt.”

長年上司と密接に仕事をしてきた後、彼女は彼の細かい管理傾向に対して憎しみを感じ始めました。これは「親しみは軽蔑を生む」の典型的な例でした。

Example 2(例示2)

The siblings grew up together and were once very close, but as they got older, familiarity bred contempt, and they often argued over trivial matters.

兄弟は一緒に育ち、かつては非常に仲が良かったが、年を重ねるにつれて親しみは軽蔑を生み、些細なことでよく口論するようになった。

Example 3(例示3)

The company’s success led to complacency among its employees, and familiarity soon bred contempt, resulting in a decline in productivity.

会社の成功が従業員の間で油断を生んだため、親しみはすぐに軽蔑を生み、生産性の低下をもたらした。

Short Story

Sarah had always admired her favorite author from afar, dreaming of the day she would finally meet him. When she was invited to a book signing event where he would be present, she was overjoyed. However, as she stood in line waiting for her turn, she couldn’t help but notice how grumpy and uninterested he seemed. When it was finally her turn to meet him, she found him to be dismissive and rude. Sarah was heartbroken. She realized that familiarity had bred contempt, and she would never view her favorite author in the same light again.

サラはずっと憧れていたお気に入りの作家を遠くから尊敬しており、彼についていつか会える日を夢見ていました。彼が出席するサイン会に招待されたとき、彼女は大喜びでした。しかし、順番を待っている間、彼がどんなに不機嫌で興味を持っていないように見えるか気になりました。ついに自分の番が来たとき、彼女は彼が無視して失礼だと感じました。サラは心が折れました。彼女は親しみが軽蔑を生んだことに気付き、もうお気に入りの作家を同じように見ることはできないと悟りました。

タイトルとURLをコピーしました