英語で学ぶ会計 ~ IFRS16 オフィス家賃の会計処理

4.英語で学ぶ会計

今回は、オフィスの家賃の会計処理です。

IFRS16が適用されます。IFRSとは、国際財務報告基準のことです。

はじめて学ぶ方にとっては、少し斬新な感じがするかもしれませんが、がんばってみてましょう!

単語の予習

  1. delve into: 掘り下げる
  2. specifics: 具体的な点
  3. operating expenses: 営業費用
  4. crucial: 重要な
  5. discount rate: 割引率
  6. present value: 現在価値
  7. right-of-use assets: 使用権資産
  8. lease liabilities: リース債務
  9. amortize: 償却する
  10. balance sheet: 貸借対照表
  11. income statement: 損益計算書
  12. liability: 負債
  13. interest expense: 利息費用
  14. term: 期間
  15. accrue: 発生する(未払費用または未払収益を計上し、損益を認識する)
  16. compliance: 適合性、法令遵守
  17. adjust: 調整する、修正する
  18. obligation: 責務、義務
  19. representation: 表現
  20. recognize: 認識する

会話

A: Good afternoon. I thought it might be useful for us to delve into the specifics of how we account for office lease expenses under IFRS 16. This standard has significantly changed the way we report leases, and office rent is a common scenario that we should discuss. Are you all on board with that?
こんにちは。IFRS 16のもとでオフィスのリース費用をどのように処理するかの具体的な内容掘り下げてみるのは役立つかと思いました。この基準はリースの報告方法を大きく変えましたが、オフィス賃貸料はよくあるケースですので、その点について議論しましょう。皆さんもそのつもりでしょうか?

「on board」は、「乗り物に登場する」という意味でも使われますが、ここでは、「同じ考えである、賛成である」という意味で使われています。

また、ビジネスで、単に「board」というと、「board of directors」すなわち「取締役会」を意味することが一般的です。

B: Absolutely, that sounds like a great topic. Office leases are a significant part of our operating expenses, so understanding the new guidelines is crucial.
もちろん、それは素晴らしいトピックですね。オフィスのリースは我々の営業費用の中で重要な位置を占めるので、新しいガイドラインを理解することは重要です

A: Perfect. So, under IFRS 16, we’re required to recognize almost all leases on the balance sheet as right-of-use assets and lease liabilities. Let’s consider the example of our office space lease. Say we have an office lease with a term of 5 years and an annual rent of $120,000.
素晴らしいです。したがって、IFRS 16のもとでは、ほとんどすべてのリースを使用権資産リース債務として貸借対照表に認識する必要があります。オフィススペースのリースを例に挙げてみましょう。5年間のオフィスリースで、年間賃料が12万ドルの場合を考えてみましょう。

B: Got it. So, we’ll need to calculate the present value of future lease payments and record the corresponding right-of-use asset and lease liability.
了解しました。つまり、将来のリース支払額の現在価値を計算し、それに対応する使用権資産とリース債務を記録する必要があるわけですね。

オフィスを賃借できる権利は、借り手が負担する将来支払う債務と等価であるという前提ですね。

リース支払額と時期は決まっているので、金銭の時間価値を考慮し、すなわち、現在価値を計算することにより、使用権資産とリース債務の現在の金銭価値を推計して、資産と負債を計上するという考え方です。

また、リース債務(実際に支払う額)と現在価値の差については、期間の経過に伴い利息を認識していくことにより最終的に一致する仕組みです。

A: Exactly. If we assume a discount rate of 5%, we would calculate the present value of the annual $120,000 payments over the 5-year term. This would give us the initial right-of-use asset and lease liability amounts. For example, the present value would be around $537,000.
まさにその通りです。5%の割引率を仮定した場合、5年間の期間内に毎年12万ドルの支払額の現在価値を計算します。これにより、最初の使用権資産とリース債務の額が得られます。例えば、現在価値は約53万7000ドルぐらいになるでしょう。

B: Gotcha. So, that $537,000 would be recognized as the right-of-use asset, and we’d record the corresponding lease liability on the balance sheet.
了解しました。したがって、その53万7000ドルは使用権資産として認識され、それに対応するリース債務を貸借対照表に記録することになるんですね。

A: Right. Over the term of the lease, we would amortize the right-of-use asset and recognize interest expense on the lease liability. This amortization would be recorded as an operating expense on the income statement.
その通りです。リース期間中、使用権資産を償却し、リース債務に関連する利息費用を認識する必要があります。この償却費用は損益計算書に営業費用の一つとして記録されます。

B: And I assume the interest expense would decrease over time as the lease liability gets paid down?
そして、リース債務が減少するにつれて、利息費用も時間の経過とともに減少するということでしょうか?

A: Exactly, you’ve got it. As the lease liability decreases, the interest portion of the payments decreases, and the amortization of the right-of-use asset also reduces. It’s a bit complex, but it’s important for accurate financial reporting.
まさにその通りです。リース債務が減少するにつれて、支払額のうちの利息部分も減少し、使用権資産の償却も減少します。少し複雑ですが、正確な財務報告のためには重要です。

B: Understood. So, in summary, IFRS 16 requires us to recognize office lease expenses as right-of-use assets and lease liabilities on the balance sheet, with amortization and interest expense recognized over the lease term.
了解しました。要するに、IFRS 16によって、オフィスのリース費用を使用権資産とリース債務として貸借対照表に認識し、リース期間中に償却と利息費用を認識する必要があるということですね。

A: Exactly, you’ve summarized it perfectly. It’s a more accurate representation of our financial obligations but does require us to adjust our reporting processes accordingly.
まさにその通り、完璧にまとめていただきました。これは私たちの財務義務をより正確に表現する方法ですが、それに応じて報告プロセスを調整する必要があります。

accordingly (それに応じて、それに従って)の使い方に慣れておきましょう。

B: Thanks for the detailed explanation. It’s important for us to have a clear understanding of these changes to ensure our financial statements are accurate and compliant.
詳細な説明をしてくれてありがとう。私たちの財務諸表が正確で適合していることを確保するために、これらの変更についての明確な理解は重要ですね。

転職に関心があるなら、はやめに転職エージェントに相談しておくといいでしょう。
転職エージェントに登録すると、転職検討段階の相談や面接の対策などのアドバイスを受けられます。

転職エージェントには、それぞれ強みがあります。
極秘の求人情報というのは、1社のエージェントだけにお願いする場合が多いです。

転職エージェントへの登録は、複数しておくことは問題ありません。
むしろ自分に適した転職情報を逃さないためにも、複数登録して情報をもらえるようにしておくべきかと思います。

ある程度は英語ができることが前提ですが、外資系希望であれば、まずは国際的に有名なロバート・ウォルターズがおすすめです。
一方、国内を中心とした財務・経理・会計関連の転職であれば、MS-Japanがおすすめです。

英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ ロバート・ウォルターズ

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

関連する用語

  1. IFRS 16: 国際財務報告基準第16号
  2. Lease accounting: リース会計
  3. Lessor: リーソア(リース提供者)
  4. Lessee: レシー(リース受益者)
  5. Rent expense: 賃借料費用
  6. Lease term: リース期間
  7. Non-cancellable lease: 解約不可能なリース
  8. Incremental borrowing rate: 増加借入金利
  9. Implicit rate: 暗黙的金利
  10. Lease commencement date: リース開始日
  11. Lease liability: リース債務
  12. Right-of-use asset: 使用権資産
  13. Discount rate: 割引率
  14. Initial direct costs: 初期直接費用
  15. Lease term option: リース期間オプション
  16. Lease modification: リース変更
  17. Sublease: サブリース
  18. Lease incentive: リースインセンティブ(賃貸契約を結ぶための誘因)
  19. Low-value assets: 低価値資産
  20. Leasehold improvement: リースホールド改修
  21. Residual value: 残余価値
  22. Lease classification: リース分類
  23. Embedded lease: 埋め込みリース
  24. Finance lease: 財務リース
  25. Operating lease: オペレーティングリース
  26. Lease payment: リース料金
  27. Lease term assumption: リース期間の仮定
  28. Lease liability discounting: リース債務の割引
  29. Lease liability reassessment: リース債務の再評価
  30. Transition option: 移行オプション
タイトルとURLをコピーしました